オリジナルの名刺を作る場合の原稿の入稿方法

名刺を作成する際には、用意されているテンプレートに合わせて作るほかに、自分でデザインを起こして入稿する方法があります。

テンプレートはどうしても既存のものですので、オリジナリティには欠けますし、思っているようなデザインにならないことも多々あります。
納得できるものでなければ、自分の分身である名刺といえないこともありますので、デザインしてみたいと思うのは当然なのです。

名刺の原稿を入稿する際には、いくつかの方法は存在します。
対面で交渉できる店舗の場合には、手書きでデザインを伝えていくことが可能です。
ロゴのデザインを完成させ、入れたい文字を手書きで書き入れていくことで受け付けてくれます。
この際に、配置の問題もクリアすることができますので、相談しながら作るといった感じになりますが、ロゴのようなものは、しっかりと完成させておかなければいけません。

インターネットの店舗の場合には、ソフトを使って原稿を作ることが求められます。
ソフトには、アドビシステムズ社のIllustratorが基本となりますが、こちらのソフトは簡単な操作ではありません。
かなり難解なものになってしまいます。
さらに、価格も10万円近くしてしまうため、素人で手を出せるものでもないのです。
もしも、作成が可能であれば、基本となるサイズを確認し、配置して入稿することができます。
写真のようなものは別添付しておかなければいけませんが、ここで注意しなければいけないのが、ファイル形式です。
どんなバージョンで受け付けているかを確認し、合わせるようにしましょう。

相手が読めなければはじまりませんので、最新のIllustratorの場合には、特に要注意になるのです。

お勧めサイトのご紹介